« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »

2005年9月24日 (土)

父を想う

3年前の彼岸に父は逝った 母が入院して10ヶ月
亡くなる3日前 母に会った帰り道「これが最後やな」といい
弱音を吐いたことのない父が その日は買い物に付いて行って欲しいと・・・
夫と私の3人で 馴染みの八百屋 惣菜店 肉屋と回った

家に着き「部屋まで持っていこうか?」という私に
「一人で大丈夫や」と笑顔で手を振る父 
私たちの姿が見えなくなるまで ずっと手を振っていた
それが父を見た最後 そうなることは何となく分かっていた気がする

父は 娘は嫁に出したもの 世話にはなれないと考えていたようで
母の介護だけで大変なのに 自分まで迷惑をかけては
娘(私のこと)がかわいそうと 一人で頑張っていた
亡くなる少し前「なぁ~○○子 いつまで生きるんかなぁ~」と父
私「お迎えが来ないと死ねないのよ」
「生きるの もう堪能したわ・・・」と笑顔でいった
「うん そうやなぁ~」私も笑った

一人暮らしの父が心配で 夕方にどちらかが電話をすることに決めていた
ほんの5分ほど話すだけだったけど 父は楽しみだったみたい
3年前の今ごろ 私は忙しく電話をするのを忘れていて
ふと気がつくと3日も連絡が無い 急いで電話すると呼び出し音がなるだけ
父が出てこない 
あぁ~ もう父はいない。。。 実家に向かう車の中で父の死を確信した
実家につくと 父は座椅子にもたれたまま静かに眠っていた
手にはボールペン テーブルには缶ビールが
本当に安らかな死 「よくがんばったねお父ちゃん」

今日 母のホームへ会いに行くと「お父ちゃんに挨拶した?」という
母の中に 父は生き続けているんだね

ヤブランがひっそり咲いていました

yaburan


2005年9月19日 (月)

持つべきは姉

朝方 掃除機をかけているとチャイムの音が・・・
「どなたぁ~」2階の窓から覗くと 近くに住む姉が手を振る
階段を駆け降り 玄関の鍵を開けると
「はい これ」とスーパーの袋を差し出す
中には ホカホカのお赤飯!
「今朝炊いたから」と姉 「わぁ~嬉しい」と私
料理が苦手な妹に チョクチョク差し入れをしてくれる
姉が作るお赤飯は美味しいのよね~

食べる前に写真を写すつもりが 食べちゃった(^_^;)

2005年9月16日 (金)

猫は恋の季節

朝 洗濯物を干していると 1階から「ウワォォ~~」と唸り声が
和室のはきだしで網戸越しに くおんとノラちゃんが睨めっこ
いつも我が家の庭を巡回してる グレーのノラ猫さん
家のしずくがお目当てみたいだけど
しずくは くおんにゾッコン♪ 
嫌われても嫌われても くおんの傍に寄っていく

しめしめ くおんが寝てる間にくっついちゃお♪

kusi03


あぁ~ぁ また嫌われた

sizu02


2005年9月15日 (木)

電車の旅もいいね

女友達と初めての二人旅 初日はポルトヨーロッパへ
曇り空だけど 日に焼けなくてちょうどいいわ
その前に「黒潮市場」で腹ごしらえをしなくちゃ
と言っても 二人とも生ものは苦手!う~ん食べるものがない
でも 何とか見つけて満腹になる

ポルトヨーロッパの中

por01


por02

外の町並み

por03

宿泊したホテル

por04

ホテル前のヨットハーバー

por05

誰もいなかったので キャラクターと写真を撮る私

por06

2005年9月10日 (土)

気ままな旅

明日 友人と和歌山方面へ旅に出ます

電車を乗り継いで の~んびり。。。
海の見えるホテルは予約したけど 行動は未定
気分任せ 風任せもいいじゃなぁ~い
水彩画教室で知り合って2年半 なぜか気が合う二人 
一緒にいて疲れないのがいいなぁ

11日(日)~13日(火)まで掲示板はお休みしよう。

2005年9月 8日 (木)

ホテイアオイ

9月に入って メダカ池のホテイアオイが咲きだした
朝開いて次の日の朝萎む一日花 
描こうと思いながら 今朝最後のひとつになった

hotei02


写真より ピンクっぽく

hotei


2005年9月 1日 (木)

この頃 スランプ?

仕上げ前の絵が2枚・・・

1枚は野原に咲く「リンドウ」
虫の音が聞こえてきそうな 原っぱのイメージ

rindo

もう1枚は「八重のトルコキキョウ」
淡い色彩で 夢のように。。。
イメージはわくけど 腕が付いてこない(-.-;)

toruko02

« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »