« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »

2006年1月30日 (月)

冬咲きクレマチス

中国雲南地方の白い花 冬咲きクレマチスは
-5℃程度であれば 戸外でも冬越しするそうですが
冷たい風で花が傷むので 空き部屋の出窓に。。。
すると蜜が出窓の床に落ち 指でなめると「甘ぁ~い」
蝶や蜂さんは こんな美味しいものを食べてたんだ!
私も負けじと せっせと集めてなめてます

シベから蜜が。。。

clematis01


冬咲きクレマチスは こんな感じ

clematis


2006年1月26日 (木)

遊ぼうよ~

朝からずっと待ちぼうけ
パソコンばっかりしないで遊んで~
はいはい あと少しね。。。

猫の舌って こんなに長かったっけ

kuon02


2006年1月25日 (水)

ひじきの佃煮

昨日 絵の仲間に「ひじきの佃煮」を戴いた
炊き立てのご飯の上にのっけて食べると ホッペが落ちそう
甘辛く 紫蘇もよくきいてる 魚のたまごのプチプチ感 いい歯ざわり
ひじきって栄養があるのは知ってたけど 便秘にも効果があるんだ
今日は朝から 何度もトイレに 1キロは痩せたと思うわ(^_^;)
今度会ったら レシピ教えてもらお

ダイエットに最適 「ひじきの佃煮」

hijiki


2006年1月23日 (月)

元が取れる?

園芸店で イチゴの花付き苗を買った
3個も入って鉢付き600円は安い!
大好きなイチゴを毎日食べられる
リビングの一番日当たりのいい場所に置いた
甘ぁ~い香りが 部屋中に漂っている

籐のプランターで窓辺の一等席に

itigo

2006年1月22日 (日)

ラブのプレゼント

姉んちのラブは 私が行くと必ずボールとか銜えて
出迎えてくれる
ピアノ教室へは姉んちの前を通るけど 急いでいる時
見つからないよう 車道の反対側をそっと歩くが・・・
門扉に飛びつき 尻尾を振っている
まっ いいっか 少しだけ遊んでいこう

歯磨き?しめ縄みたいだね

love03


ボールのプレゼント ありがとうラブちゃん

love02


2006年1月17日 (火)

1・17を忘れない

阪神淡路大震災から丸11年を迎え 各地で追悼の集いが行われた
その日 何時まで経っても空は暗く 
当時住んでいた 須磨のマンションのベランダから市街地を見ると 
真っ黒な煙に包まれていた
自宅はコップが少し割れた程度だけど
夫の実家は全焼 私の実家は全壊 
みんな生きていたのが不思議なくらいです

全焼した夫の実家

sinsai01


門扉も曲がって。。。

sinsai02


地震が起きた時 私の布団の中で震えていたくおん ちっちゃい!

sinsai03


2006年1月12日 (木)

久しぶりのダンス

今年初めてのダンスレッスン
2時から1時間半 チャチャチャを団体レッスン
続けて個人レッスンを30分間 今日からタンゴ
楽しみだなぁ
2時間ぶっ続けで 足がガクガク。。。
お腹が空いたけど スタジオのお水で我慢しよう(^_^;)

2006年1月10日 (火)

描き初め

今日は今年初の水彩画教室
いよいよ大きな絵に挑戦!ワクワクします 
題材は 得意なガーベラとかすみ草
今までとは大分描き方が異なるようなので
バックは失敗が少ない「ターコイズブルー」
構図も 基本的なものにしよう
技術を習得するのが先決だもの
私って 安全志向?

2006年1月 5日 (木)

くおんの指定席

猫好きな息子夫婦に 充分過ぎる手あぶらを付けて貰い
ツヤツヤになったくおん ボクしあわせ♪
今日も ストーブの前の椅子で ふにゃぁ~

kuon


2006年1月 2日 (月)

満面の笑み

お正月をホームで過ごす母に みんなで
大好物の「豆大福」を持って 会いに行きました
リビングでうたた寝をしてた母が 大福を見るなり
目がパッと開き イキイキしだした・・・・
部屋に入り 和菓子を並べると
次々しるしを付け ペロリと3個食べた(^_^;)
まっ! お正月だからいいっかぁ~

息子夫婦に囲まれ 嬉しそうな母
孫って可愛いんやねぇ~♪

syogatu


2006年1月 1日 (日)

趣味が同じ?

東京の息子夫婦が年末に帰って来て
賑やかなお正月になりました
近くにあるアウトレット「マ○ンピア」へ4人で買い物に・・・
海が見える アウトレット街へ着くと別行動
気に入ったコートを見つけたけど 割引率が低い
他の店を回って 戻ってくると 若い子が試着してる!
うっそぉ~ お嫁ちゃんではないか
彼女は7号 サイズが大きいので迷ってるとか
そのコートは9号 私にピッタリ 結局私が購入しました
Yちゃん 帰省した時 貸してあげるからね

マ○ンピアから望む明石海峡大橋

mhasi

« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »