« ケトアシドーシス | トップページ | 午後のひととき »

2007年5月16日 (水)

再入院

猫トイレの外がぬれている くおんがオシッコをこぼしたのかな
鼻を近づけても臭いがしない ん???
検査紙をつけると反応あり くおんのオシッコに間違いない
糖尿病が重くなると 身体が水を欲しているのに
飲んでもそのままオシッコに出てしまい 臭わないんです
それが続くと 脱水症状をおこしてしまう

ご飯も食べないし グッタリしているので病院へ連れて行くと
2週間分の血糖値を調べた検査結果が出ていて 高血糖が続いている
一日1回のインシュリン注射では 足りないのかもということで
点滴と くおんに最適なインシュリン量を調べるため再入院

パソコンしてる横で しずくとキキが夜のごはんを待っている
いつもなら「ごはんくれ~」と賑やかなのに。。。

くおんの回復を祈り 水彩画「アネモネ」を明るい色調で
大分前に描きかけていたため 季節外れになりました

Fanemone07

« ケトアシドーシス | トップページ | 午後のひととき »

」カテゴリの記事

コメント

くおんちゃん、元気になっていると
思っていたのに・・・
再入院だなんて驚いています。でも、
インシュリンの量を決める為の検査入院
ですよね。
早く適切な量が分かるといいですね。
くおんちゃんは苦しいでしょうが耐えてほしいです。
しずくちゃんやキキちゃんがいじらしいですね。
そよかぜさんもお辛いでしょうが頑張ってくださいね。

くおんちゃんの回復 心よりお祈りしています。そよかぜさんも お疲れなりませんように。
“アネモネ”やさしい気持ち 感じます。

再入院ですか・・・

我家の主人も、一生透析を続けていかなくてはいけませんが、前向きに元気に過ごしています。お互い傍で見ているのは、辛いときもありますが、心を明るく持って頑張ってくださいね!


なっちのママさん
順調に回復してると思ったいただけにショックです。
インシュリンが全く出ていない猫なら、注射で補えばいいのですが
くおんの場合、少しインシュリンが出ているので難しいのです。
低血糖になると危険なので、慎重にしなくてはなりません。
猫は興奮すると血糖値があがり、病院では正確な数値が出ないので
入退院を繰り返しながら治療します。
今夜7時に、迎えに行きます。
キキはマイペースですが、くおん大好きなしずくが寂しそうです。

ミッフィーさん、お見舞いありがとうございます。
くおんは必ず元気になると信じています。
また落ち着いたら、遊びに行きますね。

のんママさん
ご主人様の、素敵な写真いつも楽しみにしています。
傍で見ているのは辛いですが、当人が一番大変なんですよね
インシュリンの注射も私が構えてるので、敏感な猫は動いてしまう。
こんなに落ち込んだのは生まれて初めて
のんママさんやのんパパさんを見習って
肩の力を抜いていきたいと思います。


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ケトアシドーシス | トップページ | 午後のひととき »