« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月28日 (木)

おお さぶぅ~

昨日は 気持ちも服も用意がないまま 木枯らし1号が吹き荒れた
真冬並みの寒さに 猫たちは寝場所を求めて右往左往
特に寒がりのキキは ニャー ニャーと鳴きっぱなし


まだ早いなぁ と思いながらコタツを出しました
今まで、10月にコタツを入れたのは無かったような 


さっそく くおんとしずくが入ってます

Kusi106


キキは 暖房を入れたので 椅子の上へ

2010年10月25日 (月)

砥峰高原

24日は砥峰高原のススキまつり
雨の予報にもかかわらず 映画「ノルウェイの森」のロケ地を
見ようと 大勢の人が集まっていた
数年前は 車もまばらで 寂しいくらいだったのに


特設舞台が設けられ 様々なイベントが開催された

Tonomine01


年々弱っているススキ 地元の人が保存に努めているが・・・

Tonomine02


やっと見つけた豊かなススキ 6年前は高原全体に広がっていた

Tonomine03


午後から本降りに 雨に煙るススキ

Tonomine04

2010年10月22日 (金)

ソモギー効果

くおんの高血糖が続いている原因は何?
血糖値を安定させなくては どんどん悪くなってしまう
体重が減ってもインスリンの量は同じ
もしかして「ソモギー効果」かも


「ソモギー効果」とは・・・


たとえばインスリンの注射量が多すぎたり 食事量が少ないとか
何らかの原因で 弱い低血糖になった時 自然回復作用として
血糖値が大幅に上昇する その現象をソモギー効果という
最悪の場合 今まで使っていたインスリンが利かなくなる場合もある
分かりやすくいうと ダイエットのリバウンドに似ている


・・・ということで インスリンの量を減らしたら
血糖値が少し下がり 肝臓病も良くなり始めた
快復すると共に 夜の行動も活発化 深夜2時ごろ起こしに来るが
病気で心配するよりずっといいわ


満腹になると 眠いニャン

Kuon248


オットの声がすると 「あっ お父ちゃん撫ぜて」

Kuon249


頭を撫ぜられ 「もう たまらんニャ~」

Kuon250

2010年10月18日 (月)

水彩画「コスモス」

腰痛で休んでいたお絵かきを 2ヶ月ぶりに再開

体調が悪いと思うように描けないけど

何とか仕上げた季節の花「コスモス」です


Fcosmos10


いよいよ 明後日は造影剤検査の日
長年の腰痛に終わりを告げる日が近づいている

2010年10月15日 (金)

庭の花

くおんの病状も 日に日に良くなり
久しぶりに 庭の花の手入れをしました


猛暑の所為で秋の花が少ないような。。。


秋明菊が咲き始めました

Hana1075


段菊

Hana1076


ムラサキシキブ

Hana1077


ハーブが二度目の花を。。。

Hana1078


10月中旬のホテイアオイは初めて

Hana1079

2010年10月12日 (火)

猫のプライド

治療を始めて一週間 くおんの点滴はこれで終わり
今後体調が悪くなっても 家でのんびりさせようと決めた


弱り始めてから トイレに間に合わないことが多く
あちこちでお漏らしするようになった
トイレに行こうとするも 一歩届かず手前でジャー
リビングにジョイントマットを敷き 私の敷き布団には
おねしょシーツを敷いたりと 色いろ工夫をしている


獣医さんに「猫用のオムツ」もありますよ と言われたが
そんなこと くおんのプライドが許さない

先日も トイレの手前でオシッコをしそうになったので
オットがトイレに入れると わざわざ外へ出て
自分で入り直して用を足した


誇り高きくおんのプライドを傷つけるなんて とても出来ません
と言うことで 写真は無し 元気になってからね


しずく 陽だまりで思わずコクリ 

Sizuku126


キキは階段で ゴハン待ち

Kiki88

2010年10月 7日 (木)

脱水症

くおんがゴハンを食べなくなった
食事1時間前になると「ゴハンくれ~」と鳴いていたのに

お水もあまり飲まない 便もオシッコも少ししか出ない
これは尋常ではないと 動物病院へ連れて行くと
血液検査の結果 「脱水症状です」と
肝臓もかなり悪い


入院はさせないと決めていたが・・・
点滴しないと脱水症状は治らないと言われ
昼間だけ点滴して 夜は迎えに行くことに

若ければまだしも 16歳にもなって病院のケージの中で
過ごさせるのはかわいそうでしのびない


昨日 病院では一粒も食べなかったカリカリを
家に帰るなり 晩ゴハンを完食!
リビングの指定席でゆったりくつろいでいた


今朝も点滴の為病院へ。。。
血糖値が高くなっているので 検査をし適正量を調べるそうだけど
注射針が入らないほど細くなった静脈から 血液を抜くのは
医療過誤かも


少し寿命が縮まっても 大好きな家でのんびりさせてやろうと
オットと話し合ったが 難しい問題です


しずくはお兄ちゃんが大好き くおんの体調が悪くなってから
ゴハンを残すようになった


こんな風に 一緒がいいね

Kusi105


ボクお家がいいよ

Kuon247

2010年10月 4日 (月)

姉んちの猫たち

姉んちのチャイムを押すと ラブちゃんが出迎えてくれた
家の中から 「○○子 入って~」と姉の声
いつもならドアから顔を出すのに 如何したんだろ


ラブちゃんの歓迎を受けながら 部屋に入ると
姉が布団を敷いて寝ていた 
「今朝 ぎっくり腰になって起きれないんよ」
え~ 姉妹そろって腰痛!

年を取ると元気そうに見えても あちこち不具合が出てくるんだね


お互いペットの為に長生きしなくちゃ


蘭ちゃんはピアノ椅子でお昼寝

Ane05


くおんと兄弟のルパン

Ane06


テーブルでブロックされ 部屋に入れないラブちゃん

Ane07

2010年10月 2日 (土)

MRIの結果

股関節唇の損傷が痛みの原因と分かり
20日に造影剤をを注入して 詳しく調べることになった
第一段階は痛み止めを打って様子をみるが
それでダメなら 内視鏡手術をする


今回の主治医は 膝と股関節が専門
患者の痛みを取り除き 質のいい生活を提供するのをモットーとしている
年間100例以上の手術をこなすベテラン 
医師を信頼し 遠くから患者が訪れている


「検査をするまでダンスは休んだ方がいいでしょうか」と聞くと
「もう折れているんだから 我慢できる痛みならダンスしてもいいですよ」と
なるほどね 私にピッタリの医師です


長年続いた腰痛が 年内には解決しそう


PCが終わるのを キキが待っています

Kiki87

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »