« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »

2016年3月28日 (月)

絵手紙 紫木蓮

窓辺に映る木蓮の花 そうだ絵手紙の返事を出さなくちゃ

絵手紙交換を始めて かれこれ15年
いつも返信が遅れ気味なのに みなさん気長にお付き合いくださってる


さぁ 木蓮を描こう


例年よりたくさんの蕾を付けた紫木蓮
開きかけると 花の形が変 何で?

花を解体して調べてみるも中は大丈夫 病気ではないようだ
観察していると ヒヨドリが飛んできて蕾を食べているではないか
余程食べ物が無いのか? 
そんなことは言ってられない 追い払わなくては


紫木蓮

Hana1612


絵手紙 紫木蓮

Hana1613

2016年3月24日 (木)

関西花の寺 観心寺

最後にお参りしたのは 第25番 観心寺

梅で有名なお寺ですが 生憎3日前の雨で散ってしまったとか
住職さんが 気の毒そうにおっしゃっていましたが
河津さくらと侘助が満開で 楽しめました


境内でお茶のサービスがあり 
ひとつ200円の「梅どらやき」がとてもおいしかったです

観心寺

Hanatera13


本堂へ続く階段は石積みで 風情があります

Hanatera14


遅咲きの梅が残っていました

Hanatera15


侘助って こんな大木になるのですね

Hanatera16


満開の 河津桜

Hanatera17

 

2016年3月21日 (月)

関西花の寺 石光寺

ひとり旅の続き

 
ホテルで昼食を済ませ 午後から関西花の寺20番の石光寺へ

寒牡丹と牡丹が有名なお寺 2000株あるとか
他にも季節の花が多種あり もう一度訪ねたいお寺です

石光寺

Hanatera05


桜?

Hanatera06


蕾が膨らみかけた牡丹の苗

Hanatera07


みつまた

Hanatera08


寒咲アヤメ

Hanatera09


玄海つつじ

Hanatera10


きぶし

Hanatera11


きぶしのUP

Hanatera12


 

2016年3月18日 (金)

おひとり様デビュー

3月12日 念願だった「ひとり旅」デビューをした
ひとりといっても 日帰りバスツアーだけど。。。


兼ねてから行きたかった「関西花の寺25ケ所巡り」
花説法とグルメの旅 食べるの大好きな私にぴったり


ひとりということで少し不安はあったけど
何と一人参加の多いこと 隣席の人と会話もはずみ 
直ぐに不安は吹っ飛んだ


9回で満願だけど 無理はせず 
2、3年かけて巡ればいいかなと思っている


暖冬でメインの梅の花は散り 残念なことに
まぁ それはそれで 住職さんの花説法は面白かったし

「晴れ女」を証明するにふさわしい 穏やかな天気
料理も最高 ツアーでこんなご馳走が出るのと言うぐらい美味しかったです

帰宅してすぐ 2回目を申し込みました


そうそう肝心なのはお寺でしたね

最初は 第16番 「浄瑠璃寺」です


Hanatera01


三重塔 青葉の頃を想像して。。。

Hanatera02


あせびって こんな大木になるのですね

Hanatera03


白い花が青空に映えて

Hanatera04


2016年3月11日 (金)

寒の戻り

4月の気候から2月へ逆戻り 膨らみかけた木蓮の蕾が困惑気味
冬眠から覚めたメダカも 池の底へ引っ込んでしまった


寒がりの猫たちはコタツに入りっぱなし
ゴハンの時だけ出てきて ササッと食べてまたコタツへGO
少しは運動しなきゃ 足腰悪くなるよ


朝日の当たるオットの部屋(キキは自分の部屋と思っている)
キキがコタツから出て ウロウロ


入りやすいようにコタツの入り口を開けている
開けていないと その都度「開けろ~」と大声で呼ぶので。。。


部屋を散歩中?のキキ

Kiki216


コタツの入り口が狭いと文句 おぉ恐い!

Kiki217


2016年3月 3日 (木)

そろそろ終活しなきゃ

最近終活が流行っていますね
私たちフウフも 来たるべき時に備え 
ボチボチやって行こうと思っています


まずは洋服や食器 使うものだけ残し処分
方法としては 食器棚と洋服ダンスを各々ひとつだけにし
それに入らないものは捨てる 簡単です

二人暮らしで毎日サンデーの身に 物はあまりいらない


次に手がけたのが庭木 
年と共に 植木の剪定や消毒が 難しくなってきた
今はまだ脚立に上れるけど。。。
元気が無くなった木を順番に処分している

その代り 手入れが簡単な宿根草を植えることにした


寂しい庭に季節の花が咲きました
 

クリスマスローズ 白

Hana1608


クリスマスローズ 紫

Hana1609


紫 ②

Hana1610


クロッカス

Hana1611


« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »