« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »

2016年6月21日 (火)

半年ぶりの膀胱炎

ここ最近 キキの食欲がグンと減った

トイレが近いし オシッコの塊も小さい 若しかしたら 膀胱炎かも
と思っていたら トイレに入って出てこない


昨年暮れに発症したきり頑張っていたのに
半年ぶりの膀胱炎

私の通院(アレルギー性の湿疹)と重なるので
オットが動物病院へ連れて行った

注射を打ってもらって落ち着いたのか ひと眠りしたらご飯を食べた


コタツを仕舞ってから 水を飲む量が減ったような
「キキいっぱいお水飲むんだよ」


動物病院から帰って ホッとするキキ

Kiki222


そぼそぼっと寝床へ。。。

Kiki223


2016年6月15日 (水)

庭の花

日曜日 久しぶりにネット仲間ののダンスパーティーに参加

大阪のダンスホールは 木製のフロアーで踊りやすく
総勢24名 男女数も同じくらいでみなさん気さくな方ばかり
マナーも良く 楽しく踊ることが出来ました

以前通っていた教室の友人も 沢山踊っていただいて大満足のようで 
誘って良かったです

梅雨に入り庭の紫陽花が元気です


紫陽花(白) 日にちが経つと 淡いピンクやブルーになりとても綺麗

Hana1625


額紫陽花(蕾)

Hana1626


額紫陽花

Hana1627


アルペンブルー

Hana1628


アルストロメリア 秋口まで咲いてくれます

Hana1629


2016年6月 7日 (火)

猫カフェ?

こちらは昨日梅雨入りし 朝から鬱陶しい雨が降っています

ピンポーン チャイムがなるので出てみると
「私 わたし」と。。。私って誰やねん!

玄関に行くと 既に姉が入っていた
「何か用事?」と私 
「別に用事はないけど 風邪は治ったん?」と姉
そっか 先週フォークダンス休んだから 様子を見に来たんだ


余程の用事が無ければ 姉が私んちに来ることなんてなかったからびっくりした
何か有ったのかと思ったわ


風邪は殆ど治ったけど 湿疹が酷くて 病院へ行って来たところ
この辺では 見立てが良いと評判の皮膚科の先生曰く
「原因はわかりませんが 内臓からはきていません」と
要するに アレルギー性湿疹ってこと

全身に出ているので痒いったらありゃしない 
薬を処方してもらって 大分快方に向かっていますが。。。
「加齢で免疫力が低下した」ということでしょうか


オットが散髪に出かけたので 姉は腰を落ち着け ゆっくり話していると
(何故かオットが居るとすぐ帰るんです)
しずくが 寝床から出てきて 姉にスリすりする


誰か来ると 一目散に2階へ逃げるのに珍しいこと
姉が撫でると ゴロゴロいって 私たちの仲間に入っている


そうこうしていると 2階からキキが「にゃ~ご!」と上がって来いコールを
上がって行くと 階段上から恐い顔で「遅いにゃぁ~」

またまた逃げないで姉を部屋に誘い「ごろにゃん ごろにゃん」
2匹の猫たちが大サービス
「猫カフェに行かなくてもいい」と大感激の姉


人見知りだった猫たちも 年を取ると人恋しくなるんだぁ

お見舞いに来てくれた姉も大満足で帰って行きました


一緒が好きなしずくちゃん

Sizuku300


 

2016年6月 1日 (水)

今日から6月

朝から爽やかな風が吹いています
猫たちも 気持ちよさそうにお昼寝タイム


猫ブームとかで毎日のように「猫番組」がありますが
動物と暮らすのは それなりの覚悟がいります

子猫の時は短くて あっという間に「高齢猫」に。。。
と言っても 私も覚悟があったのではなく 猫と暮らしたい思いだけで
何も考えずにミニコミ誌に載った「貰ってください」に電話していた


きっかけはどうあれ 飼ったからには最後まで責任持ってほしい

病気になると捨てる人がいるそうだけど そんなこと考えられない


くおんは糖尿病 しずくは目が見えない キキは膀胱炎を繰り返すけど
みんな可愛い家族


人間も動物も年を取ると どこか悪くなる
長年使ってきた身体だもの 当たり前でしょう

ゴハンやりの時間やオシッコの世話など 我が家は猫中心に回っている
老フウフになると 猫がいないと会話も成り立たないかも


もうすぐ19歳 少しでも長く仲良く暮らしましょう


しずくの目が見えなくなって 初めて掃出しで日向ぼっこ
葉っぱが映たけど いいか


Sizuku299


キキはいつもの様に 「上がって来ぉ~いよ」と呼んでいる

Kiki221


« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »