2016年5月23日 (月)

菅原洋一コンサート

21日 菅原洋一コンサートへ行ってきた
新神戸オリエンタル劇場は そんなに大きくなくお洒落な雰囲気
とてもいいコンサートホールです

以前 菅原洋一さんが
「年齢を重ね 若いころのように声が出ないので 歌い方を工夫している」と
仰っていたので それなりに覚悟?していたけど


82歳とは思えない よくのびる声で 語りかけるような歌声が素晴らしい
隣り合わせた人たちと話していたのですが 若い時より 
今の方が深みが有って素敵よね
 
後ろの席の男性なんて「ブラボー」と叫んでいました

「知りたくないの」などヒット曲に続き シャンソンや抒情歌
大好きなタンゴも聞けて大満足な一日でした


スイレン鉢でメダカが気持ちよさそうに泳いでいます

Hana1622


シャスターデージーを間引いたら 俄然元気になった昼咲月見草

Hana1623


くおんのお墓に植えた姫小菊 一年中咲いています

Hana1624


 


2016年4月 5日 (火)

桜の頃に。。。

日曜日 弟の納骨をとり行った

義妹と子供 私たちフウフの5人と墓石屋さん
満開の桜の下で 般若心経を唱えながら冥福を祈る


瀬戸内海が一望できるお墓は 「住居は海の見えるところ」に拘った弟にぴったり
土に還るよう 溶ける布に包み納骨した
先に眠っている両親の骨壺も 布に包み納骨し直した


石屋さんの話では 今は80%の人が溶ける布で納骨するそうです


早いもので 弟が逝ってから4か月 納骨は一つの区切りではあるが
今後 法事も何もないとなると(弟の遺言) 一抹の寂しさが残る


両親やオットの姉一家など 今まで何人もの人を見送ってきたが
「死ぬってことは二度と会えないこと」
3年近く看病してきた義妹の心の穴は計る由もない


聞けばひと月ほど前から猫を飼い始めたという
名前は「しずく」うちの猫と同じ 少しは気がまぎれるといいね


数少ない庭の花


びっしり花が咲いたハナニラ 連休に株分けをしよう

Hana1614


ユキヤナギ

Hana1615


ムスカリ 

Hana1616


蕾が膨らんできた牡丹

Hana1617


2016年2月23日 (火)

HPが無くなる!

今は更新していない「そよかぜの散歩道」が 今年9月で無くなる

昨日ニフティから 提供終了のお知らせメールが届いた


パソコン初心者が 分からないまま開いたホームページ
HP仲間に助けられ 何とかやっていけた

夢中になって駆け抜けた年月 仲間との楽しいオフ会
知らない世界に心躍らせた日々が ついこの間のよう
 

「そよかぜの散歩道」には 今は亡きくおんとの思い出もいっぱい

たまに覗くだけでしたが 無くなるとなると寂しい


今はフェースブックやライン Uチューブなどが盛んで
ネット環境がどんどん変わっている

これからどんな時代になって行くのでしょう

 

2016年1月25日 (月)

今冬一番の寒さ

西日本に寒波到来


公園の噴水の水が凍ったと 新聞に載っていたが
我が家のメダカ池にも氷が張った
それも分厚いのが この家に住んで18年
散水栓が凍ったのは何年振りか


とにかく寒い 猫たちはコタツに入りっぱなしで出てこない
私も 外出は最小限に留め 冬眠状態
猫と ごろごろ過ごしてます


老後に備え(既に老後だけど) 植木や草花を整理中
それでも 寂しい庭に冬咲きクレマチスが清楚です


Hana1607


2016年1月11日 (月)

少し冬らしく

でも 穏やかな1月です

6日は弟の四十九日法要
と言っても 住職さんは呼ばず 身内だけで般若心経を唱え
思い出話をしました


「お坊さんを呼ぶのは お葬式だけでいい」というのが弟の遺言
あとは 家族がお経を唱えてくれれば由
それを聞いたときは違和感がありましたが それもありかと。。。


四十九日までに Uチューブで「般若心経」を探し 毎日練習
私的には 心のこもったお経が唱えられたと思います
きっと弟も喜んでいるでしょう

昨年末 弟のお嫁ちゃんに
「義姉さん これからは相談相手になっください」と頼られ
弟がいる時は疎遠になっていた義妹や甥たちと 打ち解けて話せ
これからはいい関係が築けるかも


なにはともあれ 暖かくなったら納骨 
その時までに「般若心経」の腕?を磨かなくちゃ


2016年1月 5日 (火)

明けましておめでとうございます

穏やかな年末年始 みなさまは如何お過ごしでしたか
我が家は 息子一家が帰省 賑やかなお正月でした


猫の画像をUPしたかったのですが
孫たちに押され コタツから出てこない 代わりに孫の画像で。。。


春の陽気に誘われ 孫たちと動物王国へ行ってきましたが
私たちのように お爺ちゃんお婆ちゃんを入れた 家族連れでいっぱい
それでも 園内が広いのでのんびり楽しめました


猫や犬 ウサギなど小動物に触れ合うことが出来るので 
大人でも 動物好きの方にお勧めです


とにかく動物が好きな孫娘は まずうさぎブースへ


Hana1601


マイペースな孫息子は 外から見てる

Hana1602


ワオキツネザルは人間を見下ろしてるみたい

Hana1603


やぎの餌やりに挑戦

Hana1604


気をよくしたのか カピパラにも餌やり

Hana1605


鳩のおみくじは 凄い人気で長蛇の列
掌に100円玉を乗せると 代わりにおみくじを持ってきてくれる
結果は 「吉」でした

Hana1606


2015年12月21日 (月)

オットが帯状疱疹

オットの耳の後ろ辺りに ポツポツ出来物あり


随分前から「肩が凝った」と マッサージ器で解してた
お風呂上りに オロ○イン軟膏を塗り
それでも 痛みが増してきたので ついに先週 「チョッと見てくれ」だって


「それは帯状疱疹でしょ!」 と私


「えっ! 帯状疱疹なんてなるわけない」とオット
その自信はどこからくるの?
すぐ皮膚科で診てもらい 帯状疱疹確定


オットはじっとしてられないタイプで 安静にさせるのが一苦労
「帯状疱疹を舐めたらあかんぞよ」と 2階で過ごすよう指示


しかし それが問題だった

2階の和室(オットの部屋)にはホームコタツがあり
少なくともキキは自分の部屋だと思い 一日中コタツで過ごす
そこへオットが朝から居るもんだから のんびり過ごせない?


ニャ~ゴ ニャ~ゴと走り回り 挙句の果てにトイレの外に
オ○ッコをこぼすというより撒く これは嫌がらせだ
「お父さんは病気だからね」と言っても 聞く耳を持たない 当たり前か


どうしたものかと考えた挙句 キキが寝静まってからコタツに入ることに
ふぅ~ 何でこんなに猫に気を遣わなくてはいけないの
子どもも猫も甘やかし過ぎると どんどん我ままになる


心配していた帯状疱疹は 今週末頃には治りそうで ホッとしています


マッソニア・ロギベスの種を採り 蒔いてから5年 やっと花が咲きました
自分で育てた植物が開花する喜びは格別です


マッソニア・ロンギベス

Hana1555


上から見たら こんな感じ

Hana1556


今頃 ダイモンジソウ

Hana1557


2015年11月27日 (金)

弟の死

11月19日 弟が天国へ旅立ちました
癌になって3年10か月 66才は早すぎます

7月になると新薬が使えるようになると 希望を繋いでいたが
承認が遅れているらしく間に合わなかった


元気にしてるかなと気になりながら 
電話嫌いな弟に連絡を取らずにいたら

11日に 弟嫁ちゃんから「入院しました」との連絡があり
飛んでいくと 「あっ!○ちゃん来てくれたん」と嬉しそうな顔してくれた

嫁ちゃんはもっと早く電話したかったけど 「電話するな」というので
出来なかったらしいが 今回は内緒でしたとか 虫の知らせかも
 

弟は独特の考えを持っていて 家族以外の人と付き合うのを極端に嫌い
兄弟ともほとんど行き来をしなかった

私とは子どもの頃 仲が良かったのに どうしてなのか分からない
 

14日も面会に行くと 珍しく子どものこととか色々話してくれて
でも しんどそうにしていたので早めに病室を離れた 
それが最期の別れになった


兄も66才で逝き 姉と私だけになってしまった
長寿家系だった筈なのに


弟が亡くなって一週間 寂しい。。。 


2015年10月 5日 (月)

へんこな職人さん

急に決まった外壁塗装 今朝塗り終えてホッとしています

明日が点検 明後日足場解体で無事終了 やれやれ

心配していた猫たちに 塗料の臭いは影響せず
工事期間中 押し入れで過ごす習慣が付き 工事が終わっても
日中は押し入れで過ごすようになり 家に猫っ気がない


ところで工事の職人さんが へんこ(気難しい)な人で。。。

初日 直ぐに電話に出なかったことで(用事をしていて出られなかった)
機嫌が悪く どうなることかと思ったのでしたが
 
腕は確かなようで 「そんなところまで塗ってくれるの?」と思うほど
こだわりの仕事をして下さり とても満足いく仕上がりです


年齢を考えると もう塗り替えはしないでしょうから


雨戸塗装時 家の中は真っ暗 
そんな中で撮ったキキの画像 これで目いっぱい

Kiki210


2015年8月29日 (土)

普段の生活に。。。

昨日ツクツクボウシの鳴く声を聞いた 夜には虫の音
秋はそこまで来ていますね


先週やってきた 息子一家4人 まぁ よく遊ぶこと

猫たちは2階の押し入れで息を潜めていた
特にしずくは繊細で 賑やかなのは苦手なよう

キキは結構気が強く 自分のテリトリーに孫が来ると
部屋の真ん中にデンと構え 戦いを挑むような仕草をする
でも 帰るころには背中を撫ぜさせたり 大分仲良くなりました


「孫は来てよし 帰ってよし」とはよく言ったもので 
楽しい日は過ぎ 今は元の生活に戻っています


オセロが好きな孫 両親やジジを相手に
8月で4歳になったばかりとは思えない熱戦を繰り広げていました

因みに私は 勝敗のあるものは嫌いで オセロといえども遣りません


Mago01


より以前の記事一覧